日産セレナの不具合

自動運転で話題になっているばかりの日産セレナが出荷を1時停止という衝撃のニュースが飛び込んできました。

 

自動運転がまだ完全ではないが、一部機能搭載し間違いなくこの日産セレナ2016年9月バージョンが新しい時代を作る車だと言われてただけに今回の出荷1時停止は、衝撃的になるのかもしれないですね。

 

出荷停止の原因は、アイドリングストップでエンジンが止まった時に再始動しないという不具合が発見されたという。

 

ユーザからの厳しい意見はこちら

日産セレナの不具合の街の声は

 

ユーザからはなかなか厳しい声で自動運転など余計な機能をつけるから不具合や故障が増える便利便利だと言っているがこれで自動運転がスタートするとなると怖いよね。

 

ちょっとこの不具合について疑問があったので調べてみたら7月に納車したセレナにも不具合が見つかり、修理に1週間以上かかっていたということがわかりました。

 

 

やはり厳しいようだが運転免許取らなければ車は運転できないのになぜか逆行した考えの自動運転と言う余計な機能になるのでしょうか?

 

まあ私は入れないのですが、これによって運転があまり得意でないかたなど渋滞の時などに助かるという声もあるのねちゃんと原因を特定してまた販売されることを待っているファンは多いでしょうね。日産はきちんと原因解明説明できるよう治してくださいね。